国際ロータリー第2790地区 千葉緑ロータリークラブ

週報 2019年10月15日 第932回例会

2019-20年度クラブテーマ
皆で仲良く奉仕活動

第932回例会 12:30点鐘

令和元年10月15日(火)

点鐘:武村和夫 会長

進行:神頭憲司 クラブ管理運営委員長 / 田中剛 会員

ロータリーソング

「奉仕の理想」

4つのテスト唱和

お客様紹介

特定非営利活動法人 縁-ENISHI-
代表理事 田野 恵 様
(有)三希工房 代表取締役

千葉西RC
藤崎泰裕 会長エレクト 様
木村龍次 副幹事 様

 

会長挨拶

武村和夫 会長

台風19号の豪雨による洪水で長野県・宮城県など全国各地で多くの人が犠牲になりました。心よりご冥福をお祈り致します。又多大な被害を受けられた方々には心より御見舞いを申し上げます。

最近の気候は日本でも世界中でも極端に酷くなっているようです。

今回台風19号による雨量は箱根町で24時間1000ミリで観測史上1位と発表されています。又台風15号では、千葉市で観測史上最大の57メートルの強風が吹き荒れました。又今夏には、猛暑日の記録が史上最多でした。ここ数年の気象状況は雨でも風でも暑さでも観測史上初の記録がしばしばみられています。

これらの気候の極端化は地球の温暖化が原因で更にその原因は二酸化炭素などの温室効果ガスの増加と考えられています。

世界各国の経済発展や車・飛行機の増加のため二酸化炭素が増加し、又二酸化炭素を吸収するアマゾンやカリマンタン島などでの熱帯雨林の減少が続いているため地球上の二酸化炭素は徐々に増えています。このまま放置すると地球の温暖化は更に進みそれに従って日本の気候ももっと極端になるかもしれないと心配しています。

我々ロータリアンもエコな生活を心かけることが大切かと思っています。

永杉隆介 幹事

お客様挨拶

千葉西RC 藤崎泰裕 会長エレクト 様

会員誕生祝

中島東一 会員

入会式

新会員の紹介

《渡部会員増強推進拡大委員長》

会長歓迎の挨拶
ロータリー徴賞ピン贈呈

《武村会長》

記念品の贈呈

●「クラブバナー」の贈呈

《渡部委員長》

●「ロータリーの目的」「四つのテスト」の額の贈呈

《岩村SAA》

 

●その他

※所属委員会の発表
《こども食堂設立委員会》

※新会員を援助する会員の指名
《岩村衛会員》

新会員挨拶

卓話

子ども食堂について

特定非営利活動法人 縁-ENISHI- 
代表理事 田野 恵 様

近年全国で子ども食堂が急増しています。一概に子ども食堂と言っても、その内容や意味合いは色々だと思います。月一回、子供会のお楽しみ会の様な子ども食堂だったり、飲食店のオーナーがお店の定休日を利用して開いている子ども食堂だったり、某市では行政が子ども食堂の開設をお願いして補助金を出し運営していたりと様々です。

そんな中「縁」の子ども食堂は、家にご飯がない子はもちろん、学校に行けなかったり、学校に行っても給食だけ食べて帰ってきてしまう子、また自宅で、一人でご飯を食べる子など、心身ともに満たされていない子ども達に来てもらいたくて、同じ日、同じ時間、同じ場所で子ども食堂をやりたい!という私の意向に同意してくれた仲間で始めました。

現在、毎週火曜日と木曜日、隔週土曜日の17:00~20:00の月10回開店しており、平均15人程度の子どもや大人が訪れてくれています。

現在、来店者には普段の食事はカップラーメンで、子ども食堂開店日は家にご飯がない子や自宅に食器のない子、親御さんが遅くまで帰宅されない子、シングルマザーの親子や多少の発達障害のある若者、独り暮らしの年配の方などと幅広く利用してくださっています。

スタッフ側でも、コミュニケーションが上手く取れない若者が、リハビリがてらにボランティアに来てくれたり、介護保険サービスを利用するのは抵抗があるという認知症の配偶者を持つご夫婦がボランティアにいらしてくれたりと、今の子ども食堂は年齢関係なく、少しずつ色々な意味で必要とされてきているようです。

子ども食堂を開店して2年。スタッフ共々感じていることは、大人も子どもも関係なく、それぞれが居場所を求め、存在を認めて欲しい。話を聞いてほしい。笑ってしゃべって食事をとることがどんなに楽しいかという事を、子ども食堂を利用してくれている皆さんが求めているのだと感じています。

私たちは、子ども食堂を利用してくださる皆さんに、ご飯を食べることにより笑顔になってもらえるよう頑張っていき、そしてこのような輪をどんどん広げていきたいと思います。

 

横井快太 子ども食堂設立委員会委員長より

子ども食堂運営者の体験を伺いましたが、現場の情景が思い浮かぶようで圧倒された30分間でした。
当クラブの会員それぞれがいろいろな感想を持ったことと思いますが、子ども食堂を続けるのに不可欠なのは強い思いをもった人だということを思い知らされた気がします。
今後当クラブで検討を進めるにあたり、本当に貴重なお話でした。
ぜひ一度、「縁」にもお伺いしたいと思います。
本日は誠にありがとうございました。

委員会報告

ニコニコボックス報告

  • 千葉西RC様 会長 野口アキ子より
    野口恭子をよろしくお願いいたします。
  • 藤崎会長エレクト様
    親と子のトレードをお願いします。
  • 武村会長
    新入会員の野口さん、よろしくお願いします。子ども食堂「縁」の田野様、卓話よろしくお願いします。
    千葉西RC 藤崎会長エレクト・木村副幹事 今後ともご指導よろしくお願いします。
  • 永杉幹事 
    特定非営利活動法人 縁-ENISHI 代表理事 田野様、本日は貴重な卓話をありがとうございます。今後、当クラブで検討している子ども食堂事業の大切な情報になりました。
    千葉西RC 藤崎会長エレクト・木村副幹事、本日はお忙しい中お越しいただきありがとうございます。ごゆっくりおくつろぎください。
  • 浅田会員、郭会員
    野口恭子さん、本日は入会おめでとうございます。久々の女性会員誕生、今後もこれに続き、当クラブに女性会員が増えていくよう、皆様会員増強活動よろしくお願いいたします。
  • 君塚会員
    野口様 入会おめでとうございます。千葉西RC 藤崎会長エレクト・木村副幹事、ようこそおいでくださりありがとうございます。
  • 松﨑会員・神頭会員
    野口恭子様、本日はご入会おめでとうございます。当クラブにおきまして久々の女性会員誕生です。末永くよろしくお願いいたします。
    千葉西RC 藤崎会長エレクト・木村副幹事、本日は野口さんの入会式に駆けつけてくださりありがとうございます。
 

下記画像をクリックでフルスクリーンスライドショー

 

>第2790地区 千葉緑ロータリークラブ

第2790地区 千葉緑ロータリークラブ

千葉緑ロータリークラブに何かお問い合せがある場合は
事務局 Tel: 043-293-7878
まで、お電話をいただくか、当ウェブサイトの「お問い合せメールフォーム」から、メールを送信していただくよう、お願いいたします。

CTR IMG